うちの大学設備悪すぎ

このブログは地方国立大学についてあらゆる視点から書きます。私自身は地方国立大学の学生であるため、かなり詳しいのですが、ぶっちゃけた話もできればと思います。

うちの大学設備悪すぎ

暇な大学生は春休みに日商簿記2級を勉強しといた方がいいと思う

f:id:ssddkun:20200223001559j:plain

https://www.pakutaso.com/

どうも、ゆーたろーです。

 

大学生の春休みといえば、高校生の夏休みに匹敵するくらい長いです。大学一年生の時、私もビックリしました。夏休みと同じくらい休めるじゃんってワクワクしましたが、バイトがウザすぎてあまり楽しめませんでしたがね。

 

実のところ、私は春休みはずっと簿記試験の勉強をしていました。

そして、もし暇な大学生だったら、私でなくとも誰でも簿記試験の勉強をすべきだと思います。今回はその理由を書いていきます。

ちなみにFランク大学生でも日商簿記2級なら受かると思っています。それを前提に書いていきます。

 

: 目次
  • 簿記試験はコスパが高いとよく言われる
  • なぜ日商簿記2級を春休みに取るべきなのか
  • Fランク大学生でも受かる勉強法
  • まずは日商簿記3級の勉強
  •  2級の勉強法

 

簿記試験はコスパが高いとよく言われる

f:id:ssddkun:20200303224019j:plain

https://www.pakutaso.com/

資格に詳しい人なら分かるでしょう。簿記試験、特に日商簿記2級は一番コスパが高いと言われています。

その理由は多分ですけれど、一番知名度が高く、有用な資格で、かつそこまで難しくないからでしょう。

 

知名度が高いその所以は、簿記だからじゃないかと思います。簿記は商業高校ではメインの学習内容だと思います。また、商業科の大学でも簿記の科目はあります。

ですから、多くの人は簿記について少しでも触れていることになります。
それに、工業高校の資格のような電気の資格とか名前が難しいものではなく、簿記という単純でキャッチーな名前だからみんながよく知ることができるので書う。

それに、資格といえば簿記を進める人も多いので、日商簿記は今のような有名な資格になったのではないかと思います。


有用な資格というのは、企業が高く評価しているからでしょう。今は、IT企業でも意思決定の必要性から会計の知識が必要とされているのはよく言われていると思います。そのためのひとつの基準が日商簿記2級というわけです。

それは、経理でなくても会計の知識が必要とされているということです。

また、2級の知識はビジネスパーソンとして必要最低限と言う人もいます。

それくらい社会人として必要な資格というわけです。

 

そして難易度が高くないというのが、今回伝える勉強法とも関わってきます。私も3級の知識を前提に3ヶ月で独学で受かりましたから、それくらいの難易度ということになります。
特に数学が得意でない人も勉強が苦手な人でも私と同じような要領で受かると思います。

それで、社会人として求められるスキルの一つになるのですから、コスパが高いと言えるのです。

 

なぜ日商簿記2級を春休みに取るべきなのか

f:id:ssddkun:20200303224342j:plain

https://www.pakutaso.com/

日商簿記は知名度が高くて、かつ難易度が高くないということは既に書きました。
そういうことは、少しでも資格について考える就活生なら情報は入ってくるでしょう。

 

でも、まだ就活生ではない人にとってこの話は大切になってきます。

 

ためしに就活の時期を想像してみてください。
その時期になると、就活のことに忙しくなって中々自分の時間が取れないと言います。
だから、簿記試験に割く時間は中々取れないということになります。

それに簿記試験に時間を割く暇があるんだったらもっと別なことができるはずです。

そして、そのときになって後悔するのです。あの時ゲームしてないで、もっと資格に挑戦してりゃよかったと。

 

まぁだから意識の高い人は資格にあまり挑もうとはしないんですがね。今回はそれについては良しとしましょう(この話題については後々書いてきます)。

とにかく日商簿記、特に2級は時間のある内に取るべきなのです。あとで知って後悔しないように。

 

Fランク大学生でも受かる勉強法

f:id:ssddkun:20200303235020j:plain

https://www.pakutaso.com/

まぁここからが本題でしょう。


今回書くことは独学で受かる方法です。もし専門学校を受ける場合はTACなどがオススメですが、省かせてもらいます。

 

ちなみに、私は第152回日商簿記2級に合格しました(151回日商簿記3級に合格)。もうひとつ言うと、第151回日商簿記2級の難易度が飛びぬけて高くて合格率もトップクラスの低さです。まあそっちを受けてても受かるだろうとは思いましたが、正直その時その時の難易度は運次第だと言わざるを得ませんね。まあ参考データを見れば分かりますが、なぜか6月は合格率高めなので、そこは狙い目です。

www.kentei.ne.jp

 

では、私が独学で受かった方法を書いていきます。


まずは、いつ受けるか決めましょう。

日商簿記は2月か6月、もしくは11月にあります。
その中で私は6月をオススメします。なぜなら春休みという時期的に十分時間が取れますし、何より6月は難易度が低い傾向にあるからです。

そこで、今回は6月の合格を目標とすることを前提として書いていきます。

まずは、簿記の基礎的な知識を養うために、日商簿記3級の教科書と問題集を買いましょう。

 

それらは、スッキリわかるシリーズで十分です。

 

世の中には3級をすっ飛ばして2級に挑戦する人もいますが、まぁナンセンスでしょう。なぜなら2級は3級の知識を前提としているからです。

スプラトゥーン2で言えば、初心者がガチマッチに行って袋叩きに遭うようなもんです。

まぁパターンを理解しやすい人だったら問題演習でカバーできそうですがね。基本情報技術者試験のアルゴリズムのそんなところあるし。

 

あと注意したいのが、3級の教科書に書かれていて、2級の教科書に書いていないマイナー知識もいくつかあります。そういう知識が出題されることもあるので、3級からやるのをオススメします。

あとは、電卓です。電卓もボタンがおしやすく、大きくて、MRとMCが別れているなど機能が十分備わっているのをオススメします。電卓については問題演習で使い方は慣れてくるので参考書は不要です。

 

まずは日商簿記3級の勉強

f:id:ssddkun:20200303233350j:plain

https://www.pakutaso.com/

3級の勉強法は、まず教科書を一通り読んで、次に問題演習というのが流れです。そして、問題演習の合間に教科書をもう一周します。

まぁ何の知識もないと教科書を一周しただけでは、半分くらいしか覚えきれないでしょう。

 

ですが、クイズ的な問題というより、流れを理解しているかという問題の方が多いため、問題演習が重要になってきます。
ですから、教科書を一周して、すぐに問題演習に取り組んだ方が効率がいいのです。
1日の問題演習に2時間くらいの時間がかかるでしょうから、その余った時間で教科書をもう一周して知識を確認するのです。

 

目標は大体1ヶ月くらいでしょう。

それで問題演習の7割とか8割超えれば2級の勉強をスタートします。

 

2級の勉強法

f:id:ssddkun:20200303233540j:plain

https://www.pakutaso.com/

3級の簿記の流れを掴んだら、2級の勉強もスムーズに行けます。

 

ちなみに合格率とか気にしない方がいいです。気が散るし、ネガティブなイメージを書く人が多いからです。そんなん余計なお世話です。自分が7割超えればいいだけの話ですから。そういう気持ちで勉強しましょう。この試験は勉強すれば普通に取れますからね。

 

それでは、まず教科書からです。教科書は2級でもスッキリわかるシリーズがいいです。内容が難しくないし、余計なことを書いていないからです。あとは問題演習で十分カバーできます。

ちなみに2級は、より流れというものが重要になるため、どういう問題形式で解いているのかというのを十分に区別した方がいいです。

2級もひとまず教科書を一周しましょう。そこから問題演習です。

 

多分日商簿記2級はややこしい部分があるから一回目はたくさん間違えて気分が萎えるでしょうが、そこから毎日2時間問題演習をしていれば、理解できるようになるでしょう。

これで2ヶ月ですね。

まぁ日商簿記2級は大学の授業と平行しても取れるので、Fラン大学生の方は授業をサボらないようにしましょう。


というわけで、大学生の貴重な春休みを無駄にしないように頑張ってください。

 

というわけで、ここまでにしておきます。