うちの大学設備悪すぎ

このブログは地方国立大学についてあらゆる視点から書きます。私自身は地方国立大学の学生であるため、かなり詳しいのですが、ぶっちゃけた話もできればと思います。

うちの大学設備悪すぎ

地方国立大学にも推薦入試で入学したバカは多い

f:id:ssddkun:20191202205838p:plain

https://www.irasutoya.com/

どうも、ゆーたろーです。

 

ここ最近、入試の制度が大きく変わろうとしていますね。
センター試験を廃止して、共通テストという名称で記述式を導入しようとしています。

それ以前にもAO入試や指定校推薦、さらに特殊能力による選抜など様々な入試方法を駆使したりして学生の選抜を試みています。

 

推薦入試に意味はある?

f:id:ssddkun:20191207175158p:plain

https://www.irasutoya.com/

ただ、なぜそれらをするのか。その大きな目的は、多様な学生を入学させたいということです。

そして、大学の卒業後、多方面での活躍を期待するわけです。そうすれば日本は活気を取り戻すというわけです。

 

ですが、実際に入ってくる人間はどうか。
それは、ただ遊んでいるだけでサークルにのめり込む人間であったり、就職しか頭にないような人間ばかりを集めることとなっています。

サークルばかりしか頭にない人間は先輩に従順な人間となりますし、就職しか考えていない人はそもそも多様な人間になり得ない保守的な人間になります。

寧ろ学力による選抜で人を集めた方が昔のように頭のいい奇抜な人間を多数輩出し、多様な社会を作り出すことでしょう。
そもそも、日本人しか入ってこないわけですから、多様な人間など入ってくるわけがありません。

それは、大学側も気付いているはずでしょう。でも、特殊な入試方法を止めることはできません。

 

それはなぜか。それはまさに少子化が影響しています。少子化によって大規模な大学運営が難しくなっている中、何とか維持しようと多くの学生を受け入れようとします。ですが、そうすると大学のレベルは落ちてしまいます。つまり偏差値の低下です。偏差値が下がることは、日本では大学の価値が下がることを意味します。
大学側としては、それだけは避けなければなりません。一歩落ちればFランク大学ですからね。

 

じゃあどうするか。推薦で人をかさ増しして、学力選抜で入れる人を少なくするのです。基本的に偏差値は学力で決まるため、それによって偏差値を上げることが可能になるのです。

だから、私立大学は推薦入学者が多いのです。
割合にすると、

f:id:ssddkun:20200120194955p:plain

Excelより

50%もAO・推薦で入学しているのです。
そして、このことは私立大学の評判を落とすことになっています。また、学生自身の質も低下するため、自ら大学の評価を落としているかもしれません。

 

そして、このことは地方国立大学でも起こっているのです。

 

推薦入試は地方国立大学も襲う

f:id:ssddkun:20190403231929p:plain

https://www.irasutoya.com/

地方国立大学も国立大学ですから、多くの人が持つイメージは、数学もきちんとやって、受験勉強をした人が入れるといったものでしょう。実際、多くの入学者はその部類に入ります。
しかし、一部の学生は推薦で入学した者なのです。

割合にすると、

f:id:ssddkun:20200120195433p:plain

Excelより

私立大学よりは少ないものの20%ほどの学生が推薦を利用して入学しています。

ただし、元々の学生数は少ないため、推薦入学者も数では少ないです。ただ、地方国立大学も偏差値操作が必要になってきているのでしょう。
また、AOや指定校がない分まだマシですが。

 

これが、地方国立大学の実態です。そして、彼らは地方国立大学でどのように過ごしているのでしょうか。

 

推薦入学者の実態

私は地方国立大学に入学してしばらくたちます。また、授業もかなり受けてきたし、そこで学生との交流もたくさんしてきました。
そこで地方国立大学というところの学生がどういう人間だかよく分かりました。それは、真面目だということです。
例えば、彼らと会う約束をしたとしましょう。そしたら、必ず約束場所に来てくれます。当たり前のことだと思いますが、中学までの人間と会う約束をしたら、裏切られることの方が多かったです。
また、高い確率で期待を裏切りません。私がこれをやってくれないかなぁと思っていたことを彼らがやってくれることは多いです。

さらに、彼らは節度を持っているため、この場所ではどうすべきかというのをちゃんと守ってくれます。

 

ただその中にも、その真面目さがない人がいます。
例えば、授業中にたまにうるさい人がいます。その人はサークルがどうのとか、バイトがどうとか、友達が何したとか、そんな話しかしません。
また、授業の前には高校生みたいにいつまでも大声でお喋りをしているということもよくあります。
それに授業に来ない自慢をしている奴さえいます。

そんな彼らについてよくよく聞いてみたら推薦入学者であることが多かったです。


私はあまり彼らと交流したことがありませんが、地方国立大学に在学している、または卒業している人で真面目さがない、つまり約束を平気で破るとかばか騒ぎをするなどの行動をしている人は推薦入学による者だということを疑った方がいいでしょう。

 

推薦入学によるメリット

でも、国立大学全般に於いてですが、推薦入学者には大きなメリットがあります。それは、国立大学合格者というレッテルから、ちゃんと受験勉強をしたと見なされます。
この辺りが私立大学の推薦入学者との違いになります。ですから、地方国立大学に推薦入学した人は推薦入学だということを今後気にせずに済むのです。一般入試で入ってきた人は基本的に前期とか後期のことしか頭にないから殊更に推薦入学の人をバカにすることはないですしね。それに入学してしまえば皆平等になります。

ですから、地方国立大学に推薦で入学する価値はあるし、それを選択した人は強ちバカだとも言えません。
ばか騒ぎはするけど。

 

推薦かどうか見分けてみて

もし、バイト先とかその他の催し物に地方国立大学の学生がいる時は、出来ることなら受験勉強について話してみてはどうでしょうか。その時に微妙な顔をしたら、推薦入学者の可能性が高いです。
地方国立大学生だからといって真面目とは限りません。
期待外れを食らう前に、ぜひ情報を掴んでみましょう。

 

というわけで今回はここまでにしておきます。