地方国立大学はなぜ真面目な人が多いのか

 地方国立大学に対する皆さんのイメージはどのようなものなのでしょうかね。
ネットなんかを見てみると、真面目すぎてつまらないという意見を私大出身者が言ってますけども…。

実際のところ、地方国立大学の学生はみんな真面目です。

驚いたのは、大学生らしくイキってる人も勉強は真面目にやっているところですね。
それくらい真面目な人は多いです。

 

では、なぜこれだけ真面目な人が多いのか。

 

①地方ゆえに刺激がない

f:id:ssddkun:20190629215743j:plain

https://www.pakutaso.com/

まず、地方という存在は都会と比べているわけですが、やはり相対的に経験値が足りなくなりますよね。

 

私の出身校で東京の私立の大学に進学した女子の友達がいます。私は高校の頃、剣道部に所属していたわけですが、そのメンバーの一人だった女子です。

彼女の話を聞いてみると、普通に歌舞伎町の居酒屋に飲みに行ってるらしいですね。

噂によるとあそこは恐ろしいらしいですね。ぼったくりやら女をキャッチセールスで個室に連れていってしまうというのはメディアでも度々登場する話ですし、私自身もそんなイメージを持っています。

あそこにはたくさんの問題を抱えているらしく、直接あの地に弁護士事務所を構えている方もいるそうです。

 

また、何か問題があるとすればいつも東京ですよね。

まぁ某大学のスポーツに関する悪質な事件などありますね。あそこはさらにサークルに関しても上納金問題を起こして学生が逮捕される事件も起こりましたね。

 

全部東京で起こっていることですよね、それらって。

下北沢の聖地も然りですが。

 

あれだけ人間が多ければ、そりゃ摩擦は起きやすいですよね。事件というのは交通事故もありますが、主に人と人との軋轢によって生じますよね。まぁ交通事故にしても人の多さからメディアで取り上げられるような重大事故を引き起こしがちですがね。例の高齢者ドライバーとか。

それに比べれば、地方なんて人が少なくてそんなイベント滅多に起こりませんよ。

土地の面積は広いですが、そこに人がいないんですから、そりゃ刺激なんぞ生まれないですよ。

 

まぁ唯一人が多いのは地方都市の朝の駅くらいのものです。

ヤバイやつらが夜中に歩き回っているこのなんてないですし、それゆえに喧嘩だって起こらないし、ピリピリした空気も生まれないものです。

この空気感が東京と地方を分ける差です。

 

まぁ夜中の二時頃ラーメン屋にいったら、土木作業員に絡まれるなんてことは話で聞きましたが。

ただ、地方の人間なんて基本人見知りが多いので、まともな喧嘩にはなりません。

中学生がちょっかいを出すようなもんですわ。

 

まぁ私は東京にはそんなに行きませんし、東京についてあまり知りませんが、人の多さゆえに刺激が多いのだと思っています。今のネット社会といっしょですね。

この話は今は置いておきます。

 

というわけで、刺激が少ないゆえに地方国立大学の学生である彼らは一歩抜け出せず、結果的に真面目に見えてしまうのです。

まぁ地方の私立大学を見ても解る通り、どんだけ陽キャでも田舎特有のモサさが残りますね。

 

要は経験値なのです。

東京にいればいるほどその立ち振舞いは分かってきますが、田舎にいる限りそれは分かりません。

 

自分を変えてみたいのなら東京にいってみればどうでしょうかね。

 

②主な出身高校が自称進学校である

f:id:ssddkun:20190629224010j:plain

https://www.pakutaso.com/

みなさん、出身高校はどちらでしょうか。

 

私は地元の二番手の公立進学校です。

 

地元の公立の自称進学校といえば、ネットなんかでは一番叩かれやすい存在だと思います。こいつらは貧乏だとか、つまらない奴ばかりだとか余計なお世話なことをいつも言ってきます。

なぜなんでしょうかね。いつも叩かれるのは公立ですよね。そういう人たちって私立高校出身者なんですかね。

それとも同じ穴の狢なんでしょうかね。

よく分かりませんが、それは置いておきます。

 

なぜ自称進学校の生徒が、地方国立大学の学生が真面目であるという理由になるのか。

それはそこに通っていた私が一番よく分かります。

 

なぜなら、その高校の生徒は高校受験を授業をしっかり聞くタイプのやり方で乗り切った、いわばお利口さんの集団だからです。

私もその一人でした。

まぁその類いの公立高校に受かるには点数が平均して80点必要ですが、大体そのレベルは普通の学力の持ち主ならば、授業を聞いてりゃ達成できるもんです。

そのお利口さん集団というのが肝で、やはりそういう人たちは大人の言うことをしっかり聞くんですよね。

ですから、型にはまるといいますかね、奇抜な人がいない訳なんですよ。

いい成績を残しはするんですが、めちゃくちゃヤバイ奴はいないんです。

それが自称進学校というところです。

 

みんな律儀に部活に入るし、引退した後は堰を切ったようにみんな受験勉強を始めます。

ですからみんな大学にいってもサークルに入るし、真面目に勉強するんですよね。

 

つまりは、地方国立大学の学生が真面目なのは、高校以前からの積み重ねに因るものとしか言いようがないのです。

そこから派生するのが③の仮説です。

 

③保守的な人間が多い

f:id:ssddkun:20190629224241j:plain

https://www.pakutaso.com/

先に地方国立大学の学生の真面目さは、小さい頃からの積み重ねと書きました。

そのような人間は保守的になります。

まぁはじめしゃちょーは除きますかね。

 

みんながサークルに入るのもそうだし、重大な事件を起こさないのもこれに起因しています。

そもそも地方国立大学に入る時点で保守的な象徴ですよね。

まず、地方国立大学の地元率は半分ほどです。

倍率は三倍ほどですが、受験者を見るともっと増えるでしょう。

ちなみに地方私立大学、いわゆるFランク大学は地元率が80%ほどです。今は関係ないですがね。

 

地方国立大学のレベルはある程度は保たれていますが、本当にある程度なんですよね。

ギリギリ高学歴というか。マーチも同じようなもんですがね。その下には日東駒専がありますが、そこはズルッと行っちゃった感じがありますかね。

 

ですから、どうしても難関大学に受からなかったときの保険になるわけです。

私自身、もう少し上のレベルの大学を目指していましたが、センター試験であまり振るわず、保守主義の観点から今の地方国立大学を選択しました。

二次試験を頑張れば上の大学に受かったでしょうが、私は妥協の道を選択しました。

もちろん余裕の合格だったと思います。

ただ、これでよかったと思ってるんですよね。身分を手にいれるのは安心するものです。

これを逃げと言われても仕方ないですが、別にいいです。

そんなマインドの人が地方国立大学には多いんですよね。

ですから、地方国立大学には優秀な人は多いですが、突出した人間が存在しないということに繋がるんですよね。

 

勉強に関しても緩いし、部活は知りませんがサークルも緩いと思います。

地方国立大学でナンバーワンになるのが難しくないというのはこういった理由があるからです。

実際は難しいですがね。トップクラスになるのは簡単ですが、本当のトップになるには、優秀な人が多いですし、それなりの努力は必要です。

 

それはともかく地方国立大学の真面目さは、案外合理的な選択の結果に因るものかもしれませんね。

ただ、問題のある学生は一定数いますがね。

問題とは言っても暴力事件の類いじゃなく、不正行為のようなやつです。

その辺については事項で書きます。

 

④やはり一定レベルの学力はある

f:id:ssddkun:20190629230333j:plain

https://www.pakutaso.com/

 やはり何といっても彼らは国立大学の学生ですからね。

一定レベルは保証されているもんです。

 

私の友達に英語が得意な人がいます。

彼は英語で満点近い点数をたたき出すほど英語が得意です。

ある時、TOEICの受験を学校側で強制された時がありました。

私は、英語がそこまで得意ではなく、センター試験も8割行かないほどしか取れませんでした。そこで、半年近く前からそれなりに対策して、700点近い点数を取りました。

彼はというと、一カ月ほどの勉強で軽々と700点を取りました。

それほど彼には実力があったのです。

 

この話でも分かる通り、やはりある程度は優秀なのです。

Fランク大学の学生のように、受験期までゲームばかりしてたようなアホはいないのです。

いうなれば粒ぞろいと言いますか。やはり舐めてかかったら痛い目を見る部類がこの地方国立大学の学生なのでしょうね。

本当に私でもすげえなあと思うところがあります。

 

いくら、課外活動で忙しくてもテストで軽々と高得点を取る人もいますし、不真面目で毎日遊んでいるような人でもTOEICで高得点取っちゃうし、課題も真面目にやってくるし。

やっぱり真面目系クズとは一味違いますよね、地方国立大学生の真面目さは。

本当に求められる真面目さというか。

やっぱりこういう人たちが生き生きと暮らしていくんだろうなあと思います。

 

⑤学生の自由が保証されている

f:id:ssddkun:20190629223532j:plain

https://www.pakutaso.com/

まず、みなさんの真面目に対する尺度はどうなのかは知りませんが、恐らくは、まともな格好をして、その場その場にあった行動をするという認識でよろしいかと思います。

 

ただし、大学生はある程度の自由は保障されています。

 

高校までは制服というものがあって、指定の靴下を履いて、スカートはどれくらい短いだとか腰パンするなだとか色々規制があったかと思います。

まあうちの高校は比較的緩くて、靴下の柄は自由だし、素足の女子もいたくらいです。

スカートも大してがみがみ言われることはなかったかと思います。

 

・・・それはさておき、うちの大学でも髪の毛を染める人は普通にいますし、当然のことながら素足にサンダルで大学に来る人も多数来ます。

また、普通に飲み会とかも開きますし、大学生らしい自由な活動もやっています。これくらいの自由は保障されています。

ここまでで何が言いたいのかというと、自由の範疇が広がったことによりある程度のことが許容されるようになっているのです。

私だってブロガーとして活動していますし、ユーチューバーをやられる方もおられることでしょう。

たださすがにヤンキーのような行動はしませんね笑。

 

ただでさえ真面目な彼らなのですから、やることがすべて普通の範疇に収まってしまうのです。

まあ授業中は先生に忖度をして、うるさくせず真面目に聞きますがね。

 

 

 

・・・改めて、真面目とは何なんでしょうか。

 

授業を真面目に聞くことでしょうか。

それとも大人の言うことをしっかり聞くことでしょうか。

 

私の考えとしては、他人が不快に思わない限り、それは真面目なんだと思います。

一生懸命やることが真面目だという奴がいますが、すべては他人が悪く思わない点にあると思います。

授業をいくら真面目に聞いても、テストで赤点だったらそりゃ不真面目ですよね。

 

私もコンビニバイトをさぼりながらやっていたら、相方のJKに切れられました。

そして、バイトの人たちから不真面目認定されちゃいました。

 

そんなもんです。

所詮は他人の尺度でしかないわけです。

 

まあ相対的な面もあるでしょう。

ですから、地方国立大学の学生が真面目などというのは、実は不毛なのです。

 

まあそれでも日本人はこれからも適当な評価を下しながら生きていくのでしょうね。

 

ま、どうでもいいけど。